このブログでは、くりっく365を使って儲かるか実験をしております。 ポジションと損益も公開中です。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 FX取引を行うに当たって最初に取引口座を開くのはどの業者を選ぶべきでしょうか。年間利益が20万以下の場合、確定申告の必要がないので実質的に非課税になります。従って、年間利益が20万に満たない可能性が大きい最初の頃は、普通のFX業者に口座を開くべきです。

 この場合、業者の選択基準としては、
1.わかりやすさ
2.最大リスク
3.安全性
4.利便性
5.コスト
の順番で考慮すべきです。

1.わかりやすさ
バーチャルトレードお勧め紹介で紹介誌したように、為替差益とスワップ差益が各ポジション毎に管理出来る業者が良いと思います。

2.最大リスク
 最初は、1000通貨単位で取引出来る業者で取引を行うべきです。これは、バーチャルトレードで1万通貨単位で行いうまくいっていた場合も同様です。仮想の金(バーチャルトレード)と実際の金(自分の資金)では、緊張感がまるで違います。資金量にもよりますが、バーチャルトレードで十万、百万の単位で損失が出ても何とも思いませんが、自分の金で数十万も含み損が出た場合、平常心を保って正常な判断を下すのは、かなり困難です。1000通貨単位にして、1枚(1000通貨単位)だけの取引にすれば、最大損失は数万程度に押さえられます。実際の取引の練習として、数枚(数1000通貨単位)の取引を行っても最大損失は10万以下ですむと思います。
 この程度の最大損失であれば、適度な緊張感を持ちつつも平常心を保てるので、実際の金を投入しての練習には最適です。

3.安全性
 くりっく365と違い業者が倒産した場合、資金が返ってくる保証は有りません。従って信託保全のシステムを持ち金融庁の登録番号を持つ業者と取引すべきです。金融庁の登録番号は、有れば必ず、ホームページの会社案内に”登録番号:関東財務局長(金先)第XX号”みたいに記載されてます。さらに、金融庁のホームページの業者一覧のに乗っている事を確認しておきましょう。乗ってない業者は、違法業者(法律により登録が義務ずけられてます)ですので、まともなところではありません。確信犯的詐欺業者は、名前を騙っている可能性もあるので、場合によっては、金融庁のホームページに記載されている連絡先に確認をとっても良いと思います。

4.利便性
 これは、取引方法のわかりやすさとプラットホームになるかと思います。専用の取引ソフトをインストールする場合と、Webブラウザで行う方法とがあります。あと、システムの安定性も重要かと思います。これらの情報は、実際に取引してみないと分かりません。後は、付随するサービスとかもそれなりに重要かと思います。

5.コスト
 最初の業者は、それほどコストを重視する必要は無いと思います。そもそも1000通貨単位で出来る所は、1000通貨単位あたり片道100円の所しか有りませんので、コストを考えるのは、1万通貨単位で取引するようになってからです。

以上を総合的に見ると最初に口座を開くべきは、外為.comがお勧めです。外為.comは、コストが1万通貨あたり片道1000円ですので、本格的に取引をするには向いてませんが、1000通貨単位から取引出来、コスト以外はとても優れており、入門に最適です。金融機関からのクイック入金(送金コスト0)が使えますし、出金も簡単(コストも0)です。為替情報の提供も豊富ですので、主力を他の業者に移した後も末永く使えます。メンテで落ちてることも殆どありません。取引開始後のボーナス(キャッシュバック+グルメセット)も豪華です。

 

 外為.com 以外で1000通貨単位となると、外貨EXが第二候補になります。外為.comと同じシステムですので、基本的には同じです。入金コスト、出金コスト、スプレッド、スワップなど違いは有りません。取引開始後のボーナス(キャッシュバック)もあります。異なる投資方針を試すなど、2口座有った方が便利ですのでこちらも一緒に開くと良いと思います。



 証券会社のFXサービスを利用する方法もあります。マネックス証券のFXサービスは、外為.comと同じシステムを使ってるので、1000通貨単位から出来ますし、株取引も行っているならここも練習用として最適と思います。ただし、あくまでも証券会社ですので、口座開設は、上記2社に比べて若干手間がかかります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fx365.blog28.fc2.com/tb.php/52-474d64f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。