このブログでは、くりっく365を使って儲かるか実験をしております。 ポジションと損益も公開中です。

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替証拠金取引を行うには、どの程度の資金が必要でしょうか?
 損切り無しの場合:レバレッジは3倍が限界ですので、1万単位あたり、30~50万程度となります。
 損切り有りの場合:レバレッジを10倍程度かけて、損切り幅2円とすれば、5回負けても資金が残るようにする事を考えると、1万単位あたり、10万+維持証拠金となります。
 損切り無しの負け知らずを売りにする投資法が有ります。この方法は、最近の円安傾向では、確かに有効ですが、円高傾向が連続すると精神的につらい物があります。また、塩ずけが長くなるので資金効率も低下します。従って、損切り有りのレバレッジ5倍ぐらいが、適当かと思います。以上から、数万通貨単位での取引を前提にすれば、100万程度の資金が必要かと思われます。その資金を得るにはどのような方法が有るでしょうか?。

 取引単位が1000通貨単位の以下の業者(少ないですが、以下の3カ所が代表的です。)
 <

で始めて、10万程度の資金で、徐々に実戦練習をしつつ、こつこつ資金追加するのがベストです。かなり時間がかかりますが、王道ですので普通の人は、王道を行きましょう。

 しかし、王道を行きたくない方、ギャンブル好きの方、時間がない方は、以下が参考になるかもしれません。

 10万程度の資金しかなくとも100万程度と同等の投資効果を上げる方法としては、以下の2つが考えられます。

1.レバレッジを上げて勝負をかける。レバレッジが大きく、最小振り込み金額が小さな業者に口座を開き、信用枠の最大まで買いまくる(売りまくる)。
使える業者を探す:  ↓レバレッジ100倍業者の場合の例
 手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード

 10万 で 10万$ 買い
      ↓
 利幅1円で決済すると、20万に増えます。
      ↓
 20万 で 20万$ 買い
      ↓
 利幅1円で決済すると、40万に増えます。
      ↓
 40万 で 40万$ 買い
      ↓
 利幅1.5円で決済すると、100万に増えます。
      ↓
     終わり。

成功率は、たぶん10%以下です。1円逆に行くとアウトなので、各ステージの成功率は、30%ぐらいでしょうか。これが3回連続成功する必要があるので、まともに考えると成功率は、数%しかありません。時期をうまく見れば、もう少し成功率は上がると思いますが、まともな神経ならやらないでしょう

2.借入金を使う。自己資本が足らない場合、借金で資本を調達するのは、会社組織では一般的に使われる手法です。個人でも、住宅を購入する場合、殆どの場合住宅ローン(借金)を使うはずです。この場合、問題となるのは、借金の金利とFXによる利回りのどちらが高いかです。
 FXによる利回りはどの程度期待できるでしょうか?。ドル円でレバレッジ5倍とした場合、スワップは、4%×5倍=20%になります。すなわち、20%程度の金利の場合、その負担は、レバレッジ5倍の時のスワップ程度と言うことになります。1ヶ月以下の短期勝負であれば、為替差益はスワップ差益の5~10倍程度になる事が多いので、20%程度の借入金の金利は、十分に負担可能な範囲と言えると思います。すなわち、消費者金融業者から、一時的に金を借りて資本を増強する事も理論的には、十分に可能です。しかし、当然の事ながら、破産の可能性も十分に考えられるので、自分の投資の腕とよく相談して決める必要があります。

(注)当然ですが、借入金で為替証拠金取引を行う事を勧めるものではありません。投資は、自己責任でお願いします。

 参考までに様々な金利を比較すると

◯銀行預金      0%
 国債      1~2%
 住宅ローン   2~4%
 株の信用取引    3%

-この程度の金利負担なら、
 借入金で資金を増やした方が効率的運用ができる。
 しかし、FXで使いたくても貸してくれない。
 貸し倒れリスクがあるので当然です。   

◯証券担保ローン 3~4%
-塩ずけの株があるなら有効活用と検討の価値ありです。


↑Eトレード証券に塩漬け株を移してFX資金にする。寝かせておくのはもったいないです。



◯大車輪による消費者金融 3~4%
-ここまでが普通の借金
 FXの軍資金として活用しても問題ないレベルか?
 ちょっと面倒だが、一時しのぎなら使えるか?

※大車輪とは?1週間金利0の消費者金融(シンキ)+普通の消費者金融(モビット等)の組み合わせで、金利を通常の1/8に押さえる手法。

具体的やり方:
20051213213059.jpg


↓ シンキ & モビット 審査が通りやすいです。



 無担保ローン(銀行系)     8~19%  
---FXの軍資金として使えるかも? ちょっと危険
   十数%の金利は、長期戦では爆死(自己破産)覚悟になります。
   一桁台の金利なら有る程度の長期戦も可能です。
   検討の価値有り。 

 無担保ローン(消費者金融系) 20~29%
---FXの軍資金としてもちょっと無理か?
   短期決戦なら使えるとは思いますが、
   長期戦は、たぶん爆死(自己破産)覚悟になります。
銀行系に比べると審査が通りやすいです。




闇金 +∞%  手を出したら死にます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fx365.blog28.fc2.com/tb.php/28-ca4d1d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。