このブログでは、くりっく365を使って儲かるか実験をしております。 ポジションと損益も公開中です。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 確定申告の季節が来ましたので、2005年後のくりっく365決算を行いました。

↓為替損益は、こんな感じ
2005_kawasesaeki.jpg

↓スワップ損益は、こんな感じ
2005_suwaltupu.jpg

↓手数料は、こんな感じ。ただし、未決済の玉の手数料が含まれるのでその分を減らして申告する必要有り。
2005_tesuuryou.jpg


まとめると、以下のようになりました。

為替損益   1,057,100
スワップ損益  369,711
手数料     -106,945 未決済玉控除後

合計     1,319,866
     
証拠金元本は、500万。
運用期間は、 2005.10~12 で 3ヶ月
2005.9は、証拠金30万で運用でしたので無視。

運用利回り(年利換算) 1319866/5000000*12/3*100 ≒ 106%

 とりあえず目標の30%(年利換算)は、大きく上回ってクリア出来ました。2005.10~12中頃迄のドル上昇に旨く乗れたのが良かったようです。2005.12~2006.1 のドル暴落時のポジション調整にはいろいろ反省すべき点が多かったと考えますが、長期的な円安傾向は、まだまだ続くと考えており、ドル買いの運用方針は、変更無しで考えてます。

 本ブログのテーマの一つであった税金の節約について検証してみますと、くりっく365の場合、1,319,866 に対する税金は、約26.4万です。これに対して、無料FXで同じ取引を行った場合、手数料分が利益に上乗せされ、利益が増えますが、同時に税率も上がるので、損益分岐点は、以下のような感じになります。

20060220114156.jpg


 今回のような取引の場合、課税所得700万以上で、くりっく365の方がお得のようです。なお、手数料200円のスターアセット証券でやれば、くりっく365がさらに有利になるかと思います。前記計算は、手数料365円のコスモ証券の場合です。

他の人のポジションも見る。

デイトレにも耐えられる手数料(スプレッド3銭+デイトレ手数料200円)です。くりっく365でコストを抑えるならここで決まりでしょう。
スポンサーサイト
 くりっく365の利点2で税制上の優遇措置を利点に上げた所、コメントにおいて、手数料の方が重要ではないかとの指摘を頂きました。つまり、税金20%+手数料 > 税金50% ではないかとのご指摘です。

 この指摘は、きわめて重要な指摘だと思います。確かに、手数料によるマイナスは、利益に甚大な影響を与えると思います。以下で簡単な検証を行います。

FXによる利益は、下記式により表現できるかと思います。

税引き前利益 = 為替差益(損) + スワップ益(損)
         - 売買スプレッド損×取引枚数
         - 手数料×取引枚数

税引き後利益 = 税引き前利益 - 税金

 上記項目において、為替差益(損)、スワップ益(損)、売買スプレッド損×取引回数 の項目は、クリック365と通常のFXで比較すると同じ売買手法を用いる限り大差ないと思います。

 しかし、手数料に関しては、クリック365の通常最低価格は420円(デイトレの場合)であり、手数料無料のFX業者(以下無料FXと表記)に比較して、税金の優遇を考慮しても、

1.取引回数が増える。
2.勝率が下がる。

ほど、クリック365が不利になります。つまり、デイトレの様に少ない利幅で多数の取引をおこう場合、かなり不利になる事が予想されます。

 これは、エクセルで計算した税率の差損分岐の計算結果例になります。

20051202230105.jpg


 上記計算例のデイトレでは、利幅を0.5円、損切り0.2円 とした時の勝率と閾値税率を計算してます。たとえば、勝率50%の場合、総合課税の税率が42%以下であれば、無料FXの方が有利となります。

 デイトレの場合、勝率を70%とか80%にするのは困難でしょうし、利幅の0.5円も難しいと思いますので、無料FXの方が有利な場合が多いと思います。

 しかし、本実験では、デイトレのような激しい売買は、想定しておりません。1日あたり数枚程度で、利幅と損切り幅を広く取りスワップを味方に付けることにより勝率を引き上げつつ1枚あたりの利益を十分に確保して、売買枚数を抑える戦術をとる予定です。この場合、上記計算例の実験目標に示したように、くりっく365の方がかなり有利となります。

 もっとも、課税所得が330万以下の場合は、総合課税の税率が20%以下なので、無条件に無料FXの方が有利になります。

 以上から、くりっく365の利点でも書いたように、税率が20%以下の範囲を通常のFXで稼いで、それを超えた分をくりっく365で稼ぐのが良いかと思われます。

 また、商品先物との損益通算が可能である事と3年間の損失繰り越しが可能であることから、デイトレで少ない利幅で多数の売買を行う場合以外は、課税所得が330万を超える分は、くりっく365で行うべきかと考えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。