このブログでは、くりっく365を使って儲かるか実験をしております。 ポジションと損益も公開中です。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 FX取引を行うに当たってある程度の取引量(証拠金数百万、売買単位1万通貨単位、総ポジション数十枚レベル)になった場合どの業者を選ぶべきでしょうか。年間利益100万程度、取引量300枚/年ぐらいを想定。

 前記程度ですと、必要経費(パソコン、通信費、家賃の一部等)を控除すれば、年間利益を圧縮できますので、総合課税の税率(所得税+住民税)が30%以下程度であれば、くりっく365にこだわる必要は無いと考えられ、普通のFX業者に口座を開いてもいいと思います。また、前記税率が20%以下の場合は、損失繰り越しのことを考えなければ、普通のFX業者の方が好ましいと思います。

 この場合、業者の選択基準としては、

1.コスト
2.わかりやすさ
3.安全性
4.課税繰り延べの可否

の順番で考慮すべきです。

1.コスト
 取引量が増えて来ますので、利益が出ても出なくても必要になる手数料やスプレッドなどの取引コストは、収益に重大な影響を与えるようになります。外為.comなど1万通貨あたり(往復手数料2000円+スプレッド300円)の業者を使うと、よほど旨く売買しない限り、利益の半分近くを手数料で失うことになると思います。コストをなるべく抑える必要があり、往復1500円以下が必須と思います。

 なお、外為.comなど手数料をたっぷり取る業者は、スプレッドでもうける考えがないのか、スプレッドは、3銭の所が多いですが、手数料を安くしている所では、スプレッド5銭でスプレッドでもうける意図が見え見えです。コストを考えるときは、往復手数料+スプレッドで必ず見ましょう。

2.わかりやすさ
 コストを考えると往復300円(手数料無料+スプレッド3銭)の業者に軍配が上がりますが、これらの業者の多くは、海外業者の仲介ブローカーで有ることが多く、資金保全、契約、出金に若干の不安があります。ディトレードで激しく売買するならこれら手数料無料業者と契約すべきですが、数ヶ月単位でポジションを保持する様な売買の場合、多少手数料がかかっても国内業者と取引した方が安心ではないでしょうか?そうなると多少コスト高になりますが往復1500円(手数料1000円+スプレッド5銭)ぐらいまでは、許容範囲かと思います。

3.安全性 金融庁の登録番号を持っている事が必要と思います。

4.課税繰り延べの可否
 くりっく365出ない場合、損失繰り越しが出来ませんので、無駄な税金の支払いを防ぐには、毎年必ず利益を上げる必要が有ります。しかし、毎年利益を上げる事を予定するなどきわめて困難です。この点から、毎日スワップと為替差益が実現益に変わる手数料無料業者のよく使うGFT社のシステムは、解りにくいだけでなく課税面でも不利と思います。つまり為替差益が、ポジション毎に繰り越せる業者が良いと思います。

 これにより、なるべく利益は、含み益で温存して繰り越します。損失が出た場合、その損失を打ち消すだけ利益の出ているポジションを決済します。打ち消すだけの利益の有るポジションが無い場合は、含み損のまま繰り越します。このような処理を年末に行い、わずか(20万以下)な利益になるようにします。
 
スワップに関しては、毎日反映されても問題ないと思います。スワップをチャラに出来るぐらいの為替差損は、必ず発生してくれる事が多いですし、万一全ポジションで為替差益が出そうな場合は、そのくらい納税しましょう。どうしても、税金払いたくなければ、両建てして損失のあるポジションを作ればすむ事です。

 以上を総合的に見るて自分が取引している業者の中でお勧め業者を3社と条件付きお勧め1社を紹介させて頂きます。

1.セントラル短資(外為.comからのステップアップに最適)

 コストは、(往復1000円+スプレッド5銭)で若干割高になりますが、安全性・スワップは、文句なしです。有名な短資会社の個人向けFXサービスですので、安心して口座を開いて良いと思います。頻繁に売買しない場合は、スワップが多い方が多少の取引コストより有利になることが多いので、スワップ重視派の方にも特にお勧めです。さらにスワップが証拠金に反映されるので、複利での運用が自然に出来ます。
 取引システムはWebベースです。チャート機能など貧弱ですが、外為.comなどを併用すれば問題ないと思います。



2.為替マーケット & 太平洋物産(ちょっと冒険して見ますか!)

 コストは、(往復500円+スプレッド5銭)で普通になります。セントラル短資と比較するとコスト的に有利ですが、企業安心度は若干下がります。スワップは、ほぼ同レベルです。金融庁の登録業者ですので信託保全などは心配無いと思いますが、商品先物系の会社のようですので、企業イメージが若干不安が残ります。しかし、口座の開設を行いましたが、勧誘電話などなく特に問題ないかと思います。

 取引システムは、独自アプリで、相場が良く動くときでも安定性は高いようです。チャート機能などは、若干貧弱ですが、各ポジション毎に為替差益とスワップ差益が管理出来ます。また、ポジションリスト上で、各ポジションの損益とストップおよびリミットの設定と設定状態の管理が出来ます。このあたりは、とても使いやすいと思います。トレーリングストップの機能が使えるので、為替差益の追求はしやすいです。







3.FxOnline(条件付き)

 コストは、(手数料0円+スプレッド5銭)で安めになります。GFT系列の最安業者と比較しても2銭高いだけですので、デイトレでも十分使えるかと思います。スワップは、セントラル短資あたりと比較すると若干ですが少なめですが、手数料分取り返そうとすると、半年ぐらいポジションを維持する必要がありますので、手数料が安いことに対するトレードオフと割り切りましょう。

 取引システムは、独自アプリで、チャート機能が強力です。さらに、チャート上から視覚的に発注出来ます。スワップは、毎日残高に反映されますが、為替差益は、各ポジション毎に管理が出来ます。両建ても簡単に出来ますので、税金の繰り延べなどのポジション調整が容易です。
 さらに、ポジションリスト上で、各ポジションの損益とストップおよびリミットの設定と設定状態の管理が出来ます。チャート上でもポジションの位置やストップおよびリミットの設定状態が視覚的に確認でき、とても優れた取引システムと思います。トレイリングストップが使えないのが残念です。
 なお、条件付きとしたのは、この業者がまだ金融庁の登録番号を持っていない為です。申請はしているようですのでそのうち番号が付くと思いますが、それまでは、あまり大きな資金は入れないでおこうと思います。

追加:2/6に登録されました。





スポンサーサイト
 FX取引を行うに当たって最初に取引口座を開くのはどの業者を選ぶべきでしょうか。年間利益が20万以下の場合、確定申告の必要がないので実質的に非課税になります。従って、年間利益が20万に満たない可能性が大きい最初の頃は、普通のFX業者に口座を開くべきです。

 この場合、業者の選択基準としては、
1.わかりやすさ
2.最大リスク
3.安全性
4.利便性
5.コスト
の順番で考慮すべきです。

1.わかりやすさ
バーチャルトレードお勧め紹介で紹介誌したように、為替差益とスワップ差益が各ポジション毎に管理出来る業者が良いと思います。

2.最大リスク
 最初は、1000通貨単位で取引出来る業者で取引を行うべきです。これは、バーチャルトレードで1万通貨単位で行いうまくいっていた場合も同様です。仮想の金(バーチャルトレード)と実際の金(自分の資金)では、緊張感がまるで違います。資金量にもよりますが、バーチャルトレードで十万、百万の単位で損失が出ても何とも思いませんが、自分の金で数十万も含み損が出た場合、平常心を保って正常な判断を下すのは、かなり困難です。1000通貨単位にして、1枚(1000通貨単位)だけの取引にすれば、最大損失は数万程度に押さえられます。実際の取引の練習として、数枚(数1000通貨単位)の取引を行っても最大損失は10万以下ですむと思います。
 この程度の最大損失であれば、適度な緊張感を持ちつつも平常心を保てるので、実際の金を投入しての練習には最適です。

3.安全性
 くりっく365と違い業者が倒産した場合、資金が返ってくる保証は有りません。従って信託保全のシステムを持ち金融庁の登録番号を持つ業者と取引すべきです。金融庁の登録番号は、有れば必ず、ホームページの会社案内に”登録番号:関東財務局長(金先)第XX号”みたいに記載されてます。さらに、金融庁のホームページの業者一覧のに乗っている事を確認しておきましょう。乗ってない業者は、違法業者(法律により登録が義務ずけられてます)ですので、まともなところではありません。確信犯的詐欺業者は、名前を騙っている可能性もあるので、場合によっては、金融庁のホームページに記載されている連絡先に確認をとっても良いと思います。

4.利便性
 これは、取引方法のわかりやすさとプラットホームになるかと思います。専用の取引ソフトをインストールする場合と、Webブラウザで行う方法とがあります。あと、システムの安定性も重要かと思います。これらの情報は、実際に取引してみないと分かりません。後は、付随するサービスとかもそれなりに重要かと思います。

5.コスト
 最初の業者は、それほどコストを重視する必要は無いと思います。そもそも1000通貨単位で出来る所は、1000通貨単位あたり片道100円の所しか有りませんので、コストを考えるのは、1万通貨単位で取引するようになってからです。

以上を総合的に見ると最初に口座を開くべきは、外為.comがお勧めです。外為.comは、コストが1万通貨あたり片道1000円ですので、本格的に取引をするには向いてませんが、1000通貨単位から取引出来、コスト以外はとても優れており、入門に最適です。金融機関からのクイック入金(送金コスト0)が使えますし、出金も簡単(コストも0)です。為替情報の提供も豊富ですので、主力を他の業者に移した後も末永く使えます。メンテで落ちてることも殆どありません。取引開始後のボーナス(キャッシュバック+グルメセット)も豪華です。

 

 外為.com 以外で1000通貨単位となると、外貨EXが第二候補になります。外為.comと同じシステムですので、基本的には同じです。入金コスト、出金コスト、スプレッド、スワップなど違いは有りません。取引開始後のボーナス(キャッシュバック)もあります。異なる投資方針を試すなど、2口座有った方が便利ですのでこちらも一緒に開くと良いと思います。



 証券会社のFXサービスを利用する方法もあります。マネックス証券のFXサービスは、外為.comと同じシステムを使ってるので、1000通貨単位から出来ますし、株取引も行っているならここも練習用として最適と思います。ただし、あくまでも証券会社ですので、口座開設は、上記2社に比べて若干手間がかかります。

 くりっく365に口座を開くに当たってどの業者を選ぶべきでしょうか? くりっく365の参加者の一覧は、くりっく365公式ホームページの参加者一覧を見ると知ることが出来ます。

 ハッキリ言って数が少ないです。

 取引システムは、どの参加者も共通のプラットホームを使用しているので全く同じです。証拠金の取り扱いや追加証拠金、ロスカットルールが若干違うようですが、その違いを感じるほど買う(売る)のは、きわめてリスクが高いのでやめた方が良いと思います。スワップや、スプレッドも同じで差はないようです。現在、3社(ポジション無し口座も含む)と取引してますが、全く同じ数値が並んでます。安全性についても、業者の所に金があるのは、送金直後の数時間だけのようですので、そのときたまたま倒産しない限り保護されるのではないかと思われます。つまり、業者間の違いがあまり無いことになります。

 となると、何処が良いか考える上で重要なポイントは、

1.業界イメージ
2.手数料

の2点のみです。

業界イメージに関しては、参加者の多くが商品先物取引系であり、あまり良い噂を聞かない参加者もあります。故にこの点を重視するのであれば、参加者の中で唯一、商品先物取引系でないコスモ証券しか選択肢は有りません。コスモ証券は、証券会社系の参加者で商品先物取引は一切扱ってません。証券口座と一緒にくりっく365の口座も開いてください。コスト的にも、片道365円のキャンペーン手数料が、恒久的になったので、スターアセット証券に次に安いです。





コストに関しては、取引所が手数料を取っている事とスワップのスプレッドがないことから、継続的な無料は無理と思われます。となると、一番安いのは、スターアセット証券の200円と考えられます。コストを抑えるならスターアセット証券で決まりでしょう。自分も口座を持ってますが、口座開設まで時間もかからず、勧誘電話なども一切ありませんでした。商品先物系ですが大丈夫ではないでしょうか。



あと、三貴商事もしばらくは、200円ですので、ここも候補になるかと思います。





 
 
節約で資金を確保する。前の記事では、借金での資金調達を紹介しましたが、それ以外の資金調達法で使えそうなのを紹介します。

1.懸賞に登録しておく(無料の物に限る)。
現金が当たる物だけではなく、物が当たる物でも問題なしです。当たったらヤフオクで売れば現金化出来ます。当たる確率はかなり低いですが、タダですので大量に応募すれば、多少当たるようです。数万/年ぐらい。作業時間を時給換算にすると300円/時ぐらいにしかなりませんが大物が当たれば、もっといくと思います

001

002
 

003

004

005

006

007
アニメーション広告みると全員に商品プレゼント【登録無料】

008


009

010


011


012

013

014
 

015


016
【運試し】その場で現金2000円が当たるスクラッチゲーム!

017


018

019

020


021




HNG



2.ネットバンク活用(振り込み手数料なんかもバカになりません)。


↑振り込み手数料が安く 普通の銀行と使い勝手は変わりません。
また、多くのネット証券やFX業者とリンク決済が可能です。


↑振り込み手数料が安いです。
また、ひまわり証券とのリンク決済が可能です。

新生銀行 ← 月5回他行振り込み無料が使えます。
       資金を振り込むのに便利です。

 
↑証券会社がなぜここにあるかですが、松井証券は、多くの銀行から無料でネット入金が可能です。そしてネットで自分名義だけですが出金先の口座を指定出来ます(普通は、書類での手続きが必要)。

つまり、普段は、以下のようにしておき、
メイン取引の銀行 → 松井証券 → メイン取引の銀行
必要な時、
メイン取引の銀行 → 松井証券 → 新生銀行
に変更する事により、無料入金サービスの使えない業者において、
新生銀行を使っての無料の資金移動が、使いやすくなります。

3.小遣い稼ぎサイト(有る程度稼げるやつ)。

検証済み(おすすめ)


未検証(使えるか不明)

4.無リスクのキャンペーン応募。

5.クレジットカードの活用。

6.不要品の処分&維持費削減。
  金が貯まらない最大の原因は、負債の存在にあります。多くの場合、負債とは、自宅・車・消費家電・女です。全部捨てると、生活に潤いが無くなりますので、自分にとってそれほど重要でない物を処分して維持費を削減しましよう。

 自宅:二回りぐらい安い物件に引っ越し。

 車 :仕事に絶対いる人などほとんどいないはずです。
    処分すれば、売却代金が入ってきてさらに、
    維持費が掛からなくなるので、
    FXの軍資金ぐらいすぐ貯まります。


7.無料ゲームで余暇をつぶす。

 休みの日に時間があるとつい金を使って遊んでしまう人は、無料ゲームで暇つぶしをしましょう。バイトに出て金を稼ぐともっと良いです。





為替証拠金取引を行うには、どの程度の資金が必要でしょうか?
 損切り無しの場合:レバレッジは3倍が限界ですので、1万単位あたり、30~50万程度となります。
 損切り有りの場合:レバレッジを10倍程度かけて、損切り幅2円とすれば、5回負けても資金が残るようにする事を考えると、1万単位あたり、10万+維持証拠金となります。
 損切り無しの負け知らずを売りにする投資法が有ります。この方法は、最近の円安傾向では、確かに有効ですが、円高傾向が連続すると精神的につらい物があります。また、塩ずけが長くなるので資金効率も低下します。従って、損切り有りのレバレッジ5倍ぐらいが、適当かと思います。以上から、数万通貨単位での取引を前提にすれば、100万程度の資金が必要かと思われます。その資金を得るにはどのような方法が有るでしょうか?。

 取引単位が1000通貨単位の以下の業者(少ないですが、以下の3カ所が代表的です。)
 <

で始めて、10万程度の資金で、徐々に実戦練習をしつつ、こつこつ資金追加するのがベストです。かなり時間がかかりますが、王道ですので普通の人は、王道を行きましょう。

 しかし、王道を行きたくない方、ギャンブル好きの方、時間がない方は、以下が参考になるかもしれません。

 10万程度の資金しかなくとも100万程度と同等の投資効果を上げる方法としては、以下の2つが考えられます。

1.レバレッジを上げて勝負をかける。レバレッジが大きく、最小振り込み金額が小さな業者に口座を開き、信用枠の最大まで買いまくる(売りまくる)。
使える業者を探す:  ↓レバレッジ100倍業者の場合の例
 手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード

 10万 で 10万$ 買い
      ↓
 利幅1円で決済すると、20万に増えます。
      ↓
 20万 で 20万$ 買い
      ↓
 利幅1円で決済すると、40万に増えます。
      ↓
 40万 で 40万$ 買い
      ↓
 利幅1.5円で決済すると、100万に増えます。
      ↓
     終わり。

成功率は、たぶん10%以下です。1円逆に行くとアウトなので、各ステージの成功率は、30%ぐらいでしょうか。これが3回連続成功する必要があるので、まともに考えると成功率は、数%しかありません。時期をうまく見れば、もう少し成功率は上がると思いますが、まともな神経ならやらないでしょう

2.借入金を使う。自己資本が足らない場合、借金で資本を調達するのは、会社組織では一般的に使われる手法です。個人でも、住宅を購入する場合、殆どの場合住宅ローン(借金)を使うはずです。この場合、問題となるのは、借金の金利とFXによる利回りのどちらが高いかです。
 FXによる利回りはどの程度期待できるでしょうか?。ドル円でレバレッジ5倍とした場合、スワップは、4%×5倍=20%になります。すなわち、20%程度の金利の場合、その負担は、レバレッジ5倍の時のスワップ程度と言うことになります。1ヶ月以下の短期勝負であれば、為替差益はスワップ差益の5~10倍程度になる事が多いので、20%程度の借入金の金利は、十分に負担可能な範囲と言えると思います。すなわち、消費者金融業者から、一時的に金を借りて資本を増強する事も理論的には、十分に可能です。しかし、当然の事ながら、破産の可能性も十分に考えられるので、自分の投資の腕とよく相談して決める必要があります。

(注)当然ですが、借入金で為替証拠金取引を行う事を勧めるものではありません。投資は、自己責任でお願いします。

 参考までに様々な金利を比較すると

◯銀行預金      0%
 国債      1~2%
 住宅ローン   2~4%
 株の信用取引    3%

-この程度の金利負担なら、
 借入金で資金を増やした方が効率的運用ができる。
 しかし、FXで使いたくても貸してくれない。
 貸し倒れリスクがあるので当然です。   

◯証券担保ローン 3~4%
-塩ずけの株があるなら有効活用と検討の価値ありです。


↑Eトレード証券に塩漬け株を移してFX資金にする。寝かせておくのはもったいないです。



◯大車輪による消費者金融 3~4%
-ここまでが普通の借金
 FXの軍資金として活用しても問題ないレベルか?
 ちょっと面倒だが、一時しのぎなら使えるか?

※大車輪とは?1週間金利0の消費者金融(シンキ)+普通の消費者金融(モビット等)の組み合わせで、金利を通常の1/8に押さえる手法。

具体的やり方:
20051213213059.jpg


↓ シンキ & モビット 審査が通りやすいです。



 無担保ローン(銀行系)     8~19%  
---FXの軍資金として使えるかも? ちょっと危険
   十数%の金利は、長期戦では爆死(自己破産)覚悟になります。
   一桁台の金利なら有る程度の長期戦も可能です。
   検討の価値有り。 

 無担保ローン(消費者金融系) 20~29%
---FXの軍資金としてもちょっと無理か?
   短期決戦なら使えるとは思いますが、
   長期戦は、たぶん爆死(自己破産)覚悟になります。
銀行系に比べると審査が通りやすいです。




闇金 +∞%  手を出したら死にます。
本番の前に仮装取引で練習しましょう。まず、システムがわかりやすく、登録も簡単な、



が良いと思います。各ポジション毎に為替差益とスワップ差益が管理されるので最も理解しやすく損益計算もわかりやすいので練習取引に最適です。また、手数料が収益に甚大な影響をもたらすことを実感するのにも適しています。これで、為替取引のやり方がわかったら、為替取引のスワップやロールオーバーのやり方で自分にあった物を探してデモトレードで練習してください。

一般的に、スワップの扱いは、3種類有ります。

1.為替差益とスワップをポジション毎に管理。最もわかりやすいシステム。紹介済みの外為どっとコムが代表的です。

2.為替差益のみポジション毎に管理。スワップは、毎日証拠金に組み込み。毎日金利が入ってくるイメージだが、スワップを含めた損益管理が少し難しいです。しかし、複利効果で投資収益を大きくしやすいです。日短FXが有名です。



3.毎日為替差益とスワップ益が証拠金に組み込まれる。いくらで買ったか忘れやすい人は、損益管理が困難。解りにくいので最初に手を出すのは、お勧め出来ません。しかし、手数料無料業者が多くてコスト的には最も有利です。以下のリンクからデモトレード出来ます。
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
くりっく365の為替証拠金取引参加者は、現在以下のの7社です。

入や萬成証券株式会社
エース交易株式会社
オリエント貿易株式会社
コスモ証券株式会社
三貴(さんき)商事株式会社
スターアセット証券株式会社
東京コムウェル株式会社

通常のFX業者が、数十社有り、証券系、独立系、外資系・・などいろいろな設立母体があるのに比べるとまだまだ少ないです。

現在の参加者は、コスモ証券株式会社が証券会社系で、それ以外はすべて商品先物系となります。

お勧め業者

コスモ証券 ← 唯一の証券系の参加者です。株やIPO投資も出来ます。ただし、手数料は高めです。

入や萬成証券株式会社 ← 老舗です。手数料も安めです。株も出来ます。

三貴商事株式会社 ← 手数料0キャンペーンやってます。くりっく365にかなり力入れてると思います。

自分は、コスモ証券に現在口座を持ってますが、手数料が少し高いです。現在、キャンペーン中で1枚あたり365円ですが、本来は1050円で外為.comと同レベルです。しかし、証券系の安心感が有り最初に口座を開きました。今後は、両建て等も行いたいので入や萬成証券株式会社か三貴商事株式会社あたりに口座を開設する予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。